新型ジムニーシエラ 納期

新型ジムニーシエラの納期が2年以上になるって本当なの?!

キネティックイエローのジムニーシエラ

引用元URL:https://response.jp/article/2018/08/28/313391.html

 

2018年7月にスズキから新型のジムニーとジムニーシエラがついに発売されました!
しかし、メーカーの予想を遥かに上回るペースで大ヒットを記録しており、大量の需要に車の生産が追いつかないほどだとか。

 

ここまでバカ売れしていると気になってくるのが納期ですよね。

 

目安となる納期については色々な情報が錯綜しており、ジムニーなら2年、ジムニーシエラに至っては納期まで2年どころか3年も待つなど……
いくらなんでも3年は待ちきれない!大袈裟ではないのか?実際はどんな状況なのか?

 

そこで、独自に自動車雑誌やネットなどをリサーチしてみた結果、大体の目安となる納期が見えてきました。
ディーラーによってジムニーの納期にはけっこう開きがあるようなのですが、
まずは、気になるリサーチ結果です。

 

↓ ↓ ↓

 

■軽自動車の新型ジムニー
最短・最長納期:半年〜1年半

 

■小型車枠の新型ジムニーシエラ
最短・最長納期:1年〜2年

 

ジムニーシエラについては、やっぱり納車まで2年ほど待たされる店舗もあるみたいでしたね。
なぜシエラは納期がこれほど長期化しているのか?それは軽のジムニーと比べて、シエラの方が発売当初スズキが予想していたよりも受注台数を大きく超えているからです。

 

なにせ始めにスズキが目標としていた年間の販売台数は、軽のジムニーで1万5000台、シエラで1200台だったのが、発売後たったの1ヶ月で2車種合わせた受注台数が2万台を軽く突破してしまったのですからメーカーとしては嬉しい悲鳴をあげつつも、めちゃくちゃ焦ったでしょうね〜。

 

ちなみに9月時点での累計受注台数は軽のジムニーが約2万台、そしてシエラが約1万台らしいです。

 

スズキが新型ジムニーの生産ラインを増設!

 

来年(2019年)の1月を目処にスズキが静岡県にある工場において生産ラインを増設し、新型の軽自動車ジムニーと小型車ジムニーシエラを合わせた月産台数を7000台まで増やすことが決定しています。

 

なので現状の納車時期は目安として、先ほど記載した待ち期間となるのですが、増産体制が整ってからは長期化している納期についても短縮される見通しとなるはずです。

新型ジムニーシエラの即納車を見つける方法があるの??

いやぁ生産ラインの増設が決定したとはいえ、それでも待ちきれないと思うのが本音ですよね?

 

 

「新型ジムニーシエラの即納車って本当にないの?早く乗りたい!」


 

 

「即納とまではいかなくてもせめて1ヶ月か2ヶ月くらいで納車したい…」


 

はい、ですよね。大人気車だからこそ早く運転したいのです。

 

即納車を見つける方法……あります。

 

新型ジムニーシエラを中古車情報サイトで検索する

まず一番手っ取り早く即納車を探せる方法が『中古車情報サイト』で新型ジムニーシエラを検索してみることです。
まぁ、発売されてからまだ数ヶ月しか経っていないうえに超大人気車種ですからそうそう簡単には見つからないと思いますが…

 

まずは『カービュー』で見つけました。

 

ブルーイッシュブラックパールのジムニーシエラ

引用元URL:https://ucar.carview.yahoo.co.jp/model/suzuki/jimny-sierra/2994839498UC/

 

キネティックイエローのジムニーシエラ

引用元URL:https://ucar.carview.yahoo.co.jp/model/suzuki/jimny-sierra/4434239158UC/?page=1#mnc

 

 

『価格.com』でも中古・新古車情報は検索できます。1件ヒットしました。

 

新型ジムニーシエラ|価格.com

引用元URL:http://kakaku.com/kuruma/used/spec/Maker=7/Model=30646/Generation=42193/

 

思わぬところで突然ヒットしたりするので、日頃から中古車情報サイトでチェックしておくと即納ジムニーをゲットできる可能性もありますよ。

 

カスタマイズショップで即納車を探す

車をカスマイズしてお客さんに販売するショップでは、事前に目当ての自動車を確保している可能性があります。

 

実際、某自動車雑誌を読んでいたら即納車とまではいかないものの、当月中に新車のジムニーを購入できるカスタマイズショップを見つけたという記事が載っていました。

 

スズキ車、または新型ジムニーシエラの取り扱いをしているカスタマイズショップへ、ダメ元で新型ジムニーの在庫がないか、問い合わせて確認してみましょう。

 

ちなみに、けっこう稀なケースかもしれませんが、自動車販売をしているカー用品店でも即納車が見つかることもあるみたいなので参考までに。

 

中古車市場ではプレミアがつくかも…?

実は、自動車の販売をしている知り合いに聞いた情報なのですが、これだけの超大人気車で、しかも新古車ともなればプレミア価格となっていても買う人はいると予想されます。

 

現時点ではジムニーに異常なほどの需要があるのは確かですから、9月下旬〜10月あたりには中古車市場にけっこうな台数の新古車が流れてくるのではないか?という話しです。

 

「できるだけ早くジムニーシエラに乗りたいんだ!」

 

という人は、時期的には今が大チャンス?!

 

ネットや雑誌、カスタマイズショップなどで中古車情報を細かくチェックしておけばジムニーの即納車をゲットできるかもしれませんよ〜!

 

車の一括査定はもう古い!新型ジムニーシエラを50万円安く購入する方法!

キネティックイエローの新型ジムニーシエラ

引用元URL:http://arena-f.jugem.jp/?eid=2000

 

新型ジムニーシエラを購入するにあたって「下取り」「値引き」で少しでも契約金額を安くしたいと考えてはおりませんか?

 

…ちょっと待ってください。それだけでは「損」をしてしまう可能性が高いです。

 

「え、損をする?あんた何言ってんの?」
「あ、もしかしてよくある車の一括査定のこと?そんなの知ってるし。」

 

いえいえ、どこでも紹介されているような一括査定サービスはもうシステムが古いです。

 

私が提案するのは、完全無料で査定依頼ができる『ユーカーパック』です。

 

テレビCMでも某有名人気モデルがイメージキャラクターとして出演しているので、サービス自体はご存知かもしれませんが、実際にどのようなサービスであるのか詳しいことは知らないのではないでしょうか?

 

いまのご時世、「知らなかった」というのは大きな「損失」をしてしまいますよ。

 

ディーラーでは30万円程度だった下取り額が、『ユーカーパック』に査定申込みをしたら最大で100万円以上になったケースもあります。
是非、この画期的な買取りシステムについて知っておいてください。

 

 

ユーカーパックと普通の一括査定の違い

 

ユーカーパックは最大2,000社が競ってくれるので『高く売れる』

普通の一括査定の場合、多くても最大10社までの査定申込みとなりますが、ユーカーパックであれば1度の査定で最大なんと2,000社が競ってあなたの車に入札をしてくれるので、一括査定よりも高額買取りとなる可能性が高いのです。

 

ユーカーパックの査定は一度だけ!一括査定よりも『査定時間が短い』

仮に一括査定で10社から一気に見積もりを出してもらおうとした場合、1社につき1時間ほどの査定時間が必要になってきます。
単純計算で、1時間×10社となるので合計で10時間も掛かることになりますよね。
しかしユーカーパックなら、1時間ほどの査定が1度だけ!後はその車両情報に対して約2,000もの業者が入札をしてくれるので、一括査定よりも短時間で自分の車の最高額を知ることができるわけです。

 

ユーカーパックは「車の査定情報」だけを公開!ウザい『営業電話が来ない』

一括査定サービスで申込みをする場合は、こちらの個人情報も入力しなければならず、業者から頻繁に電話がかかってくるようになるので、非常にうざったいです。
その点、ユーカーパックが買取り業者へ公開するのは「車の査定情報」だけですので、業者からの営業電話もありませんから安心して査定申込みができますよ♪

 

ディーラーに行った時点ですでに「損」をする可能性…

一万円札のイラスト

 

例えば、新型ジムニーシエラを購入する為に近くのディーラーへ行き、営業マンと値引き交渉をした場合ですが…

 

始めはシエラ(車輌本体)とあなたの愛車の下取り額を合わせて、20万円程度の値引き額を営業マンが提示してきたとします。

 

どうでしょうか?個人的にはもう少し頑張ってほしいところです。

 

では、ここであなたの顔色を伺った営業マンがさらに10万円アップの30万円まで値引き額を引き上げると言ってきたら?

 

「おぉ?!これ契約しちゃってもいいんじゃない?この営業マンけっこう頑張ってくれてるんじゃないの?」

 

なんて、こんな流れで契約しちゃったら完璧にアウトですよ(笑)

 

なぜかというと、これはお客さんに「偽りのお得感」を与えて契約させようという営業マンの交渉テクニックなんです。

 

値引きのカラクリを簡潔に説明すると「あらかじめ車の下取り額を10万円ほど低く設定しておき、その分で値引き額を10万円UPさせているだけ…」なのです。

 

先程も話した通り、ディーラーで30万円の下取り額だった愛車が『ユーカーパック』のオークション形式の査定では100万円ほどの買取価格になることもあります。

 

ですから、あなたの愛車をディーラーにお任せして下取りさせてしまうと「大損」をしてしまうというわけなんですね。

 

ディーラーでの下取りは契約直前に断るべし

『ユーカーパック』で愛車を高価買取りしてもらえることになっても、最初からディーラーにそのことを話してはいけません。

 

下取りはしてもらうつもりで交渉を進めていき、値引き額を限界まで引き出しちゃいましょう。

 

そして契約をする前に「やむを得ない事情で愛車を下取りには出せなくなった。」などと伝えて丁重にお断りをしてください。

 

この値引き額と『ユーカーパック』に査定してもらった愛車の最高額を合わせれば、新型ジムニーシエラの新車価格を100万円近くまで安くして購入することも夢ではありませんよ。

 

ディーラー側も利益を無視して車を売るわけがありませんから、こちらもそれなりの対策を用意して少しでも新車の購入費用を低く抑えるべきです。

 

まずは『ユーカーパック』の完全無料査定で愛車の価格相場を知っておきましょう!

 

新型ジムニーシエラを購入した人の評価はどうなの?

ミディアムグレーの新型ジムニーシエラ

引用元URL:https://clicccar.com/2018/07/29/613298/

 

すでに新型ジムニーシエラが納車されている人は実際に運転をしてどのような評価をしているのか?

 

外観のデザインや内装の質感、エンジン・走行性能、乗り心地など車ってやっぱり実際に乗ってみないと分からないことがけっこうあると思います。

 

リアルな口コミをリサーチしてみましたので、各項目に分けてご紹介しますね。

 

【エクステリア(外観)】
●機能性に特化しているようで、万人にも受け入れる飽きのこないデザインがいいですね。
●新型のジムニーシエラは、オーバーフェンダーなどがクロカンらしいデザインを一層強調していい!
●ステアリングの形が意外と普通だったので、もう少しジムニーらしさを感じられたら良かったかも。

 

【インテリア(内装)の質感・使い勝手】
●昔のジムニーからすると古くささが無くなり、便利で使いやすい機能も充実しています。
●メーターが若干見づらい気がました。でもシートの座り心地は満足です。
●運転席に座った時の目線の高さがいい感じですね。
●前席と後席のシートを倒すとフラットな室内にできちゃうのが何気に便利ですね!
●う〜ん…まぁ好みによる思うけど、あまり質感はいいと思えなかったです。

 

【エンジン・走行性能】
●人によって感じ方はそれぞれかもですが、車内に入ってくるエンジン音は若干気になりました。
●爽快な加速感はないですが、オフロードに関しては「さすが!」と言えますね。
●キビキビ走るとまではいきませんが、街中走行においては特に不満ないです。
●パワステの反応が良すぎるかな?ただオフロードなどを走る時はこれくらいで丁度いいかも。
●MTのシフトフィールが良い!気持ちいいくらいスコスコと入るので快適に走れる。

 

【車の乗り心地】
●以前のジムニーと比較すれば乗り心地は段違いに改善されていますね!
●軽自動車のジムニーとプラットフォームは同じらしいですが、乗り心地はどっしりと落ち着いてますよ。
●段差を通過した時にけっこう左右に揺れるかと思っていたのですが、落ち着いた乗り心地で鋼性感はかなり良いと思いました。

 

【ジムニーシエラの燃費】
●リッター10kmぐらいですかね。趣味性の強い車なのであまり気にするようなポイントではないですけどね。
●燃費はそれなりですね。それとガソリンを入れる燃料タンクが小さいです。
●趣味性の高い車なので燃費とかはあまりこだわらない方がいいかな…

 

新型ジムニーシエラの価格については概ね「高いとは思わない。」という感想でした。
人気車種なのでリセールバリューも期待できますから、新車価格に対しての満足度はむしろ高い方かなと思います。

 

外観のデザインは個人的にもすごく気に入っています♪
原点回帰したとはいえ決して古くさくはなく、昔のテイストを残したまま、現代風のスタイリングへと見事に仕上げられたデザインは、街中で走っているとちょっと目を引くようなファッション性の高い車へと生まれ変わりました。

 

シフォンアイボリーメタリックの新型ジムニーシエラ

引用元URL:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/styling/

 

まぁこの「ファッション性」という部分で男女年齢問わず幅広い層に注目されたことが、新型ジムニーの人気に拍車をかけた一因にもなっているのでしょうね。

 

エンジン・走行性能については、やっぱりオンロードを気持ち良く走るという特性の車ではないですから、そういった意味での過度な期待はしない方がいいです。
泥んこの道なき道をガンガン攻めてこそのジムニーですしね。
ただ乗り心地・サイズも含めて街中を普通に乗っている程度なら全く不便も感じず、その角張ったデザインが運転しやすさにもなっているので快適に用事を済ませることができることでしょう。

 

それに排気量1500ccの新型ジムニーシエラであれば高速巡航においては当然ながら軽のジムニーよりは優れています。
なので、普段は街中だけど、たまにはちょっと遠出もしたいという人はジムニーシエラがいいでしょうね。

 

 

 

page top